日本バスケ界の宝!八村塁がNBAドラフト4位に指名予想!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

NBA DRAFT.netの2019年ドラフト指名予想で、NBA入りが期待される八村塁がドラフトネット4位予想に!

今、日本人で最もNBA入りに近い選手なのではないでしょうか?

アメリカのゴンザガ大学に通う、八村塁がその著しい成長を認められNBA draft予想で見事4位に選ばれました!

ご存知の方もいると思いますが、ドラフトネットは選手のスペックやプレイをきちんと見たうえで予想を挙げることで有名で、メディアやコアなファンの情報源にもなっているけっこー信憑性のあるサイトです。なので、ドラフトネットに八村塁の名前が載るってすごいことなんです!実は、2018年のドラフト予想でもアーリーエントリーとして8位にも選ばれていましたが、2019年予想はさらに上がって4位!八村の期待度がうかがえますね!

http://www.nbadraft.net/2019mock_draftより引用

八村塁(はちむら るい)

1998年2月8日生まれ、富山出身の日本育ちだが、現在はNBA入りを目指しアメリカのゴンザガ大学に通う。父はアフリカのベナン人、母が日本人のハーフ。恵まれた長身と持ち味の巧みなドリブルでゴール下に切れ込むテクニックで、得点力も高いことを評価され“日本の宝だ”と称される、今最もNBA入りを期待されている選手。

身長205cm、体重102kg、ウィングスパン225cm

ゴンザガ大学公式Instagramより引用

彼は生まれも育ちも日本で、高校卒業まで日本で過ごし大学進学を機に渡米。初めは言葉の壁にぶつかり、慣れない異国での生活にホームシックが加速していったことでしょう。まだまだ若い選手だけに精神面はプレイにもでやすい。実際、彼は大学入学時はあまり目立つ選手ではありませんでした。八村が大学で初めて試合に立ったのはNCAA(全米大学体育協会)でたったの1分。しかし、たった1分ではありますがNCAAに出場した初めての日本人になります。また、当時のゴンザガ大学は歴代最強チームと言われ、チーム内での競争率も激戦。異国の慣れない環境の中、予想だにしないライバル争い。その状況で18歳の彼は周囲に揉まれながらも腐ることなく、自分のプレイを見失うことなく練習に励んでいきました。その後も少ない時間でも出場するチャンスがあり、少しずつ得点力を上げ、その地道なアピールが現在の八村の存在を不動のものにしました。

日米問わずこれだけ注目される八村ですが、実は小学生まで野球をやっていたそうです。中学からバスケットボールを始め、徐々に伸びていった身長は宮城県の明成入学時には190㎝超え!八村が高校1年の時のウィンターカップでは明成が強豪の福岡大大濠を破り、明成が4年ぶり2度目の優勝を果たしました。ウィンターカップ出場時には197㎝まで伸びた八村はゴール下を制圧し、32得点をし大会5試合で137得点と、1年生ながらエースとしてチームを引っ張り、見事優勝!それは、2020年の東京五輪出場を目指す八村(当時15歳)が、今後日本を代表するトッププレイヤーになるであろう大器の片鱗を見せた瞬間とも言えます。(ちなみに、高校2年生にはさらに伸びて199㎝に!その年には日本のU-17にも選ばれました。)

八村はこの業績を認められ、1年生ながらFIBA ASIA U-16にも出場。インサイドの要として奮闘し、日本チームは見事3位に!八村は、韓国戦では19得点、25リバウンド。中国戦は25得点、8リバウンド。チャイニーズ・タイペイ戦は21得点、6リバウンドの大活躍でした。

近年、日本の男子バスケは低迷の一途を辿っていましたが、八村を含む日本チームはアジアで好成績を残し、FIBA U-17男子バスケットボール世界選手権大会の出場権を初めて獲得するまで飛躍しました。惜しくも、アジア選手権で負けてしまっていましたが、初めての世界選手権への出場です。十分、日本バスケ界を盛り上げてくれました!

日本で成績を残し、NBA入りを目指しゴンザガ大学進学後、辛い時期もありましたが、八村はやっぱりNBA入りに値するほどの逸材でした!

共に大学でプレイをした、元チームメイトであり今期ポートランド・トレイルブレイザーズに所属が決まったザック・コリンズが八村に対してこのようにコメントしています。

「ルイは、僕がこれまで一緒にプレーした中で、最も身体能力に優れた選手だ。体が強く、ジャンプ力があり、リーチも長い。まだ19歳という若さを考えると、体の成熟度は驚異的。これからまだまだ強くなるだろう」

ザック・コリンズのコメントより

NBA入りした先輩がそう証言するように、八村の身体能力とフィジカルの強さはアメリカでも十分通用するし、むしろ突出していると言ってもいいでしょう!八村は接触プレーでも当たり負けせず、スポーツニュースのハイライトに登場するほどの豪快なダンクを披露しているほど注目度の高い選手にまで成長しました。

彼の今後のさらなる活躍、そして念願のNBA入りが楽しみですね!彼はどのチームに入籍するのか、今後も八村塁から目が離せません!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。